アライナー関連

クレセントカッター

クレセントカッター

No.35-080

エラスティックを取り付けるスリットを入れるためのカッター。

切れ味が良く、バリ等が残りにくいよう設計されています。先端部が細いため、アライナーのカット部分に合わせやすい形状です。


ハーフムーンカッター

ハーフムーンカッター

No.35-081

リンガルボタンを装着する際のスペースカット用として使用できます。

アライナー臼歯部は臨床歯冠が短いためプライヤー先端が入りにくいことがありましたが、先端形状をスリムにすることで、よりスムーズにアライナーがカットできます。


ハーフムーンカッター

NEW

SMラウンドフォーマー

No.35-083

・プレッシャーポイントを入れる目的で使用します。

・アライナーにΦ2.0mmのくぼみを付与し、歯牙を押し出します。

・他のプライヤーと併用して活用することでより効率的な歯牙の移動を実現します。

・先端部が細く設定されているため、アライナーの先端部へのアプローチも容易です。


バーティカル

バーティカル

No.35-449

●頬側、舌側の近遠心に垂直的なくぼみを付与できます。

●先端部の厚みが薄いため切縁近くまで入ります。

●切縁近くにくぼみを付与することができます。


ホライゾンタル

ホリゾンタル

No.35-450

●頬側、舌側に水平的なくぼみを付与できます。

●先端部の厚みが薄いため切縁近くまで入ります。

●切縁近くにくぼみを付与することができます


アライナーリムーバー
エラスティックがかけられます
アライナーケースに入ります

アライナーリムーバー

No.35-082

アライナーやクリアリテーナーを簡単に外すことができます。

(頬側にアタッチメント等がある場合は舌側からの取り外しをおすすめします。)

 

本体にヤスリが設計されているため、患者様ご自身でアライナーのバリ等を調整することができます。

アライナーリムーバーの使い方

金管バサミ

#210(直)No.12-210

#211(曲)No.12-211

 

アライナーのエッジを微調整する際にスムーズに カットすることができます

#211(曲)は特に歯肉ラインの調整に便利です

 


一般 届出番号 11B1X1000639D143 11B1X1000639D144 11B1X1000639D148 11B1X1000635D101