FLBリンガルブラケット
FLBリンガルブラケット
深澤先生コース

コンパクトなリンガルブラケット

フックなど突起物をなくし、シンプルで丸みを付けたため、患者さんの違和感を軽減しました。

広いブラケット間距離

基底結節ギリギリのポジショニングでもインターブラケット間距離を十分確保できます。

対合歯の干渉軽減

下顎前歯が上顎前歯への干渉が軽減されるため、理想的な咬合目標に治療することができます。

管理 医療機器認証番号: 16200BZY01188000


レジンベース作成後
レジンベース作成後
FLBリンガルブラケット模型

セットアップ/レジンベース作成技工所を紹介いたします。


FLBブラケットカタログページ.pdf
PDFファイル 527.8 KB
製品・セミナーに関するご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問合せフォーム